クリエイティブ事業部

動画編集というお仕事

AJIMAのクリエイティブ事業部は動画編集を行っています。
動画全般というより、現在はyoutubeに代表される動画クリエイターの皆様のご支援に特化しています。
クリエイティブ事業はとても不思議なご縁から始まりました。
2018年の春、琉球大学の講師として東京から来られた方と知り合ったことが始まりでした。
そのご縁から7月に動画事業部を立ち上げる事を決め、9月にはまだ仕事も無いのに1名採用しました。
11月にはもう一人を内定しましたが、元々デジタルマーケティングを生業としているAJIMAが彼らを育成する事は出来ません。
というか、教えてもらっていたくらい。

2019年2月にさらに二人を採用しました。
彼らも直ぐに東京に送り、その1ヶ月後に4名とも宮崎に行くことになります。
先の二人が飛び立ってから半年たった6月、ついに仕事を作り上げた二人は沖縄に戻ってきました。
彼らが作った仕事のために、6月に学生バイトとして2名採用し、7月には元教師と漫画家を2名採用。
8月には4名が加わり、2020年4月現在29名となっています。
全員がYouTubeに携わる動画クリエイターを支援しています。
メンバーの中には配信しているメンバーも多く、一人は登録者数1万人を超えています。

動画を視聴する習慣は、ユーザーの中では常識となりつつあり、デジタルネイティブはもはやこれ無しではライフタイルを考えられないほどでしょう。

また、5Gがスタートする2020年以降は大容量通信が実現し、動画は飛躍的に活用の場が広がるものと思われます。
なぜなら動画は表現の幅が広いからです。

1Gというのは、車の中にある電話やショルダーフォンのようなもので、音声による通信でした。
2Gになって、メールなどのテキストも送れるようになり、ライフスタイルが変わっていきます。
3Gはスマホの時代で、インターネットを持ち運び出来るようになりました。これによりブログが隆盛します。
4Gは鮮明な写真や動画を見ることが出来るようになりました。
このように、G(ジェネレーション)によってコミュニケーションできる手段に幅が広がり、それに応じたサービスが生まれています。
現在も外出先で動画を閲覧する事は可能ですが、読み込みに時間がかかったりパケットに負荷がかかったりします。

5Gでは2時間の動画を3秒でダウンロード出来ると言われ、見ることのストレスはゼロになると思います。
考えられるのは、今まで写真で見せていた商品、例えば料理などは、映像で見せる事でよりシズル感を表現でき、見る人の欲求を刺激します。
マーケティングにおいても最高の表現方法を手に入れる事になるのです。

さらにユーザーの動画の視聴方法が変わりつつあるのもポイントです。

同じ動画でもTVや映画とは全く違います。
ネットの動画は、基本的に場所と時間を固定されることがありません。
見たい時に、見たいものを見たいところから見れるのです。
これは凄いことです。
移動中でも、トイレ中でも、僕の場合は食器を洗いながらなど、隙間時間にちょっとずつ見たい動画を見ることが出来るのです。
発信者から見ると、いつ見られるか、どこで見られるか、また途中で見られなくなる、いつ戻ってくるか分からない、という事になります。
発信した動画は見られてナンボですから、編集にもコツが必要なんですね。
動画はスマホでも撮ることができるので、とてもスタートしやすくなっています。

例えば、文房具店を営んでいて、文房具を紹介するような動画を作ろうと思ったとします。

「スマホでサクッと撮っちゃうか〜」
というのは、ダメです。と、言いたいところですが、全然OKです。
むしろ、思いついたときにすぐ撮れるくらい便利な世の中になったので、撮っちゃってください。
本来は、何を撮るか、誰に見せるか、何を見せるか、いつ見せるか、どうやって見せるか、などなど考える必要があります。

ユーザーにとってベターな長さは?
見やすい構図は?
アピールポイントを強調するには?
飽きさせないようにするには?
などなど。
さらに声が小さかったり、雑音が入ってしまったり、暗かったり、明るすぎたりというトラブルもあるでしょう。
それでも自前でやる事は全然可能です。

視聴者がどう反応したか、データで見つつ、やりながら改善することは必ず必要な事なので、最初から自分でやっておくとコストを削減出来ますし、自分だけのノウハウがたまります。

正直言って、ウチのような制作会社に頼まず、自分でやることが出来ればそれがベストです!

ただ、それはめちゃくちゃ大変なのです。
僕もやったから分かります。
編集にはものすごく時間がかかるのですが、渾身の作品があまり視聴されなかったら、もう凹み放題です。

立ち上がるエネルギーが相当必要なのに、結果が出るのはまだまだ先。
改善もちょっとずつなので時間がかかってしまって、フルマラソン走るための体力が必要です。
もし、予算があるなら頼んだ方が絶対いいです。

AJIMAのクリエイターはそこに特化したスタッフが30名います。

沖縄最大と言っていいのではないでしょうか。
もし、動画を配信したい、動画の編集を相談したい、効果的な配信を知りたい、という方がおられましたら、ぜひお問い合わせください。

Contact

動画制作やWeb広告の出稿は私たちにおまかせください。
お問い合わせは無料です。

Contact